『卒業 〜シンスケ〜』

卒業?

生態は、産まれ初めて目にする生態と認識すると?親と認識するのかな。

そこには、時として依存という名の副産物も伴います。

初めて、この腕に針を突き立て、物質を取り入れ覚醒した時もきっと、生態認識が狂い間違った判断をしました。

それが誤認と学び呪縛が取り除かれました。

きっと、プログラムを通しこの腐った脳でも書き換えがなければこの病気を認めれず。

卒業が訪れても意味がわからず、わからなければ再発するんだよ、繰り返すんだよ。

不治の病なんだよ!

とわからず、ただ一時の感情だけに支配され前へ進めず、この今に満足してただ日常をダラダラと過ごす事でしょう。

それでもいいんです。続けばですけど(笑)

自律するのが課題です。

ダルクって居心地が悪くない。

良くも悪くも、人がいてやることがあって・・・

暇とか、やることがない?とかなによりも嫌悪感を感じ落ち着かない。

じっとしてられないのには理由がありました。

なにを自分がすべきがわかってるんだけどやってないからでした。

意識の根底の気付かない所で隠して騙して嘘ついてた。

やりたい事を衝動的にやってしまいました。

ばれなければいい。

本当は違います。

仲間の食べ物食べたり、煙草吸ったり、

パソコン持ち出したり、大声だしたり、喧嘩したり、うそついたり・・・

ダルクは許してくれるという

許しに甘える。ガジル。

寄生する。パラサイトはあくまでもパラサイトです。

どちらかが、生きるためには手放します。

失う前に、今の整った感情の内に、です。

依存症の回復施設に入学しました。

4年程前に入学しました。

プレミアムアディクトでした。です(笑)

こういちさん。まさとが・・・

遠い海の側の精神病院に迎えに来ました。

とにかく僕は煙草がすいたくて、二人にタバコ吸えます?

それが目当てで退院しました。

ダルクは当時、阿片屈でした。(笑)

煙と暖房の熱気が僕を引きずり込みました。

何か儀式や挨拶があったか?なかったはず(笑)

記憶の始まりは、ミーティングだけ。

ランニングとベンチプレスだけです。

明けても暮れても、身体を酷使します。

競い合いました。戦いました。みんな戦ってました。

一人、一人が何か見えない何かを恐れてたのか?強迫的に(笑)

でもそれが最初に書き換えられたプログラムでした。

薬の問題が取り除かれてました。

逃げ場が、薬でなく僕は、ミーティングでした。

でも、有力者になりました。神様になる。だから仲間とぶつかる。

どこかそんな自分も特別だった。

ちがいました。ただのアディクトです。

いつも笑顔でいたい。

それが望む姿だと気づくと前に進み出しました。

少しだけ、過去ヤクザな生き方を利用し寄生しました。

上辺だけです。

大昔のヤクザは、一宿一飯に恩義を感じるらしい。

そんな言葉のかっこよさはこれっぽっちもないけど、

してもらった事って結構斬新で覚えてる。

仲間にも親にも・・!

隣人を大切に思うんだな?と学んだ。

逆接の始まり。

関わりづらいと解ると避ける。逃げる。誤魔化す。うそぶく。

わからないふりさえする。

でもわかりだす。

そこに、自分自身の姿が見えだした。

反応が薄くなる。楽になり受け入れるようになり、笑えるようになり人が増えました。

今日僕は、スタートしました。

ダルクで出来た趣味。

ランニング。

出来ないと言う?

間違ったプログラムが書き換えられた。

やればできる。

やってもいないのに出来ない?

いいからやれ!

結果はいつも、虚しい(ノ_・。)

でも・・・

やってみた。

一つずつ手に入りました。

健康、自由、責任、

自信、勇気、平穏です。

依存症ですよ!僕は!

生きてるのが奇跡です。

刑務所でいつか死ぬ。

それが運命だった。

それがダルクのプログラムで書き換えられたんです。

感謝を置き忘れ、受けた愛をおざなりにするとき依存になり、恨みや苦しみに支配され元の生き方へ後退する。

始まります。

神様は知ってる。見てる。聞いてる。

許してくれる?

許してもらってた。

だから今があるんでした。

躓き転び傷つきました。

でも共に分かち合い、ここへ来た。

次は僕の番!

私がから、私達がに変わった。

仲間の回復。笑顔が僕の回復で笑顔の素です。

今日まで、有り難うございます。

(シンスケ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL