働いてきました(ボランティア活動)⛑

朝、スタッフから『ひろ!今日はセカンドハーベストね!』と言われた時、え!セカンドハーベストって何?と思いました。

 

セカンドハーベストとは、フードバンクの団体の名前で、そこに行ってそこで行われている仕事の手伝いに行くということでした。

一般の社会人と一緒に仕事をするんだぁというワクワク感と不安で自転車に乗って、仲間と2人でセカンドハーベストさんに行ってきました。

セカンドハーベストさんに着くと、満面の笑顔で僕たちを迎えてくれました。

僕たちのする作業は、バックヤードに置いてある米を台車に積んで、それをまたハイエースに積み替える作業でした。

よし!気合を入れてやるぞ!と思ったものの、米を一袋持った途端に身体中に力が入り、え!こんなに米って重いの!と感じました。

だってよく見たら、米一袋がなんと30キロもあるんですよ!!!

Σ(・□・;)

しかもそれを40袋運ぶんです。

自分より若くて、力のあるもう一人の仲間にかなりフォローしてもらったものの、40袋運び終わった後は、汗ビッショリで、腰はガクガクしてて、はぁ疲れた・・・でした。

そしたら次は「この積んだ米を運送会社に持ってくからね」と言われ、あぁ、流石にこれで終わりじゃないよねと思い、セカンドハーベストの方2人と僕たち二人の計4人で運送会社に向かいました。

運送会社に着くと、今度はハイエースに積んである米40袋を4人で倉庫に置いてあるパレットに積み替える作業でした。

僕はみんなに迷惑をかけないように、足を引っ張らないようにという気持ちで必死でした。

とにかく無我夢中でした。

そしてなんとか、その作業を終えるとセカンドハーベストさんに帰り、「今日はこれで終わりです」ということで、なんとか無事に今回のお手伝いを終えることができ、ホッとしました。

本当に久しぶりに仕事をしました。

一般の社会人と交わって、社会に貢献することができました。

(ほんの少しですけど・・・)

ひと仕事を終えた後は、気持ちが良くて、清々しくて、達成感があって・・・

そして満面の笑顔で「ありがとうございました」と言ってくださったセカンドハーベストさんに、こちらこそ感謝です。

ひろ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL