感慨深い一日

11月3日にミサに参加しました。

死者を弔うミサと聞いて、最初は教会なんて行ったことないし・・・

どんなことをするのかも分からなかったのですごく戸惑いました。

参加してみると亡くなった祖父母友人のことを思い、感極まってしました。

自分は、父子家庭に育ちましたので、祖父母に面倒見てもらっていたのですが・・・

少年時代には何度も警察に捕まり、鑑別所少年院の出入りを繰り返す日々でした。

父に代わって面会に来てくれ、いつも自分をかばってくれた祖父母のことを今でもよく思い出します。

初めて刑務所にいる時に祖母を亡くし、葬式に参列できなかった事が悔しく思います。

友人については、交通事故で亡くしました。

亡くなった当初は、友人の分まで精一杯生きていこうと思いましたが・・・

実際は、薬物依存し、友人に胸張って精一杯生きてるとは言い難い生活でした。

ダルクに入寮し、自分の問題に向き合い、生活していますが・・・

生きていられること、ご飯を食べられることに祈り感謝を忘れない様にしていきたいと思いました。

リッキー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL