『ボランティア作業』

薬物依存症の『キョウスケ』です。

今日は豊田市にある『聖霊修道院』行ってきました。

教会の敷地内の側溝に溜まった土や泥の清掃作業でした。

ボランティアの清掃作業なんて僕の人生の中で、少年院でしか経験した事はありません。

たっくさんの泥とミミズさん達をスコップで取りました。

今までの自分だったらこんな猛暑の中、汗をかいてまで作業するなんて絶対無理な事です。

でも今回はやりがいを感じて作業する事ができるようになったし、終わった後に達成感を感じるようになりました。

覚醒剤を使って狂っている時の自分には考えられない状況です。

普通の人達からしたら普通に感じられる事でも、当時の僕には全く感じられなかったですね。

こんな風に今までと感じ方が変わった事に、ダルクでの生活が意味のある物だと思えます。

それでも正直ダルクの生活が嫌になる事も沢山あります。

毎日毎日クスリを繰り返し使ってきた自分ですから、クスリの欲求で逃げ出してしまいそうになるばかりです。

まだクスリが楽しいって思っちゃってる自分なんですよね。

クスリで怖い経験もたくさんしているのに… クスリの怖さですね。

ダルクの生活を通して普通の事が楽しいと感じれる自分作りをして行きたいです。

でも少しはマシになったかな?

オレまじカッケー! チスッ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL