『初めてのボランティア活動』

 ホームレスの人達へのボランティアは初めてでした。

どんな人達だろうと思いましたが、 以前まで入院していた精神病院で生活している行き場の無くなった、一生その病棟で暮らすと言っていた人達に顔立ちがとても似ていて、懐かしさを覚えました。

彼らとはトランプやオセロを通して仲良くしていたのでホームレスの人達にも親近感がわき、あの方たちがここにもいると感じました。

1時間くらいスプーンを手渡したり、「漬物は要りますか」と尋ねたりしながら器にカレーを乗せたりしました。

スプーン渡しの時も、相手は一人一人がたった今まさに食事にたどり付いている状況なので、一つ一つの挨拶が本番であり、その人の一日を決めて居る訳ですから責任が伴いますし、多くしてくれと言われたらサービスしたくなったりもします。

いったいどの様にホームレスの人達が生活しているのか。

私は何も知らず、それを何もないままに生活している。

なんということか…

(タコ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL