『名大附属高校 薬物乱用防止講演』

どうもお久しぶりです。依存症の『ミツヤ』です。

なんか久しぶりのブログな気がします。

今回は名大付属校に学校講演に行かせて頂きました。

いや〜名大でかいですね。広いですね〜。どこから入ればいいのかわかんなくてナビがあるのに全員でテンパリました。

こんな頭の良いエリートな人達が集まる所に自分が行くことがあるなんて夢にも思いませんでした。

でもなぜか今回は緊張があんまり無かったですね。

学校に着いて中に入るんですけど、坦当の先生がメチャクチャ良い先生でした。

名大なんて頭の良い学校は受験的な勉強ばかりで、保健?でいいのかな?

そういう事には力をいれないという、僕の偏見を見事にブチこわしてくれましたね

依存症等に対して深い理解?見識?があり、名古屋ダルクとも20年位付き合いがあるとの事でした。

凄く生徒達の将来を考えているのだなと感心させられました。

それから時間になり、生徒達が待つ体育館に移動です。体育館の扉を開けたら生徒達がドーン。

僕らの話す席との距離が近い。いや近いとはいってもコロナですからね、ちゃんとソーシャルディスタンスはとってあるのだけど近く感じる。

今日はスタッフ→ヨシオ→自分の順番で喋る事になったんです。

ヨシオはすぐ話すのやめる位のことを言っていたのですが、僕の話す時間に食いこむ勢いで話が止まりません。

そんな仲間の姿に頼もしさも感じたのだけど、自分の話す時間が短くなってしまう不安と焦りもありました。

まぁこれで自分の話が始まるんだけど、一番前の女の子がメチャクチャ自分の顔を見てくるんです。

凄く真剣に自分の話を聞いてくれているのが嬉しく感じるのですが、反面自分は人に対しての恐れが強いんです。

プライドが高いんです。人からどう見られているかが気になり過ぎてそれが恐怖に変わってしまう…

しかし、今日は話はグチャグチャになってしまったけど『ベスト』は尽くせたと思います。

全員が喋り終えた後、質疑応答の時間が設けられたのですが、その質問の内容が難しい事聞いてくるんですよ!

本当タジタジでした。

色々ありましたが生徒さんも先生も凄く良かったし、仲間の話も凄く良かったし、僕自身もすごく楽しかったし気付きももらいました。

名大付属高校良い学校でした。良い学校講演でいた。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL