『臨死体験』

名古屋ダルク理事長 柴 真也

皆さんは、経験ありますか?

話によれば大怪我をしたり、 病気をしたり、死を迎えた時に、この世とあの世の埼
目にいる自身を経験するという話です。

霊的な経験という人もいます。

酸欠による脳内に起こる現象の一種でありある程度説明ができるという学者もいる。

でもですね、この話をしている時点で、その人は少なくともしばらく生きてましね。

完全にあの世に行ったきりでは無い。

なぜなら臨死体験をこちら側で語っているからです。

わたし、この前の夜明けごろ変わった夢を見たんです。明るい部屋に居ました。

他にもこの世の人ではない?人がいました。

意識レベルがどんどん高まっていきました。呼吸で悟れた。残ってる時間(年数)は?そういうことだったんだ!などと、近くにいる誰かに話してました。(夢です)そのあと、 もう一度行ってくると現世に向かい、夢から覚めました。

先日ひどい腹痛になり、長時間高熱でうなされた時の夢でした。

貴重な経験だったのでご紹介しました。 実際、 病に伏せたり、 亡くなるときに必要なのは、自分の大切な人だけだったりします。

創造や感謝ができるって能力は人の財産ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL