海だぁーーーと叫んでしまいました!合宿1日目

7/1(土)、7/2(日)は合宿の日。

ダルクに入所して間もない私は、そんなに仲間とも親しくなっていないのもあって、あまり行きたくないなぁと思っていました。

チラッと聞いたところによると、BBQをやったり、キャンプファイヤーをやるらしいとの事で、面倒くさいし、疲れるし、正直気持ちはブルーでした。

ついに迎えた7月1日の朝、天気は超快晴

朝9時30分に、依存症者23人が4台の車に別れ、コロナ感染対策😷もバッチリして、いざ出発。

行き先は、美浜町で海に行くのを知って・・・海は大好き💕なので、まぁ悪くないなと思いつつ、知多半島道路を飛ばして、音楽を聞きながら、現地に向かいました。

目的地に近づくと突然、視界が開けて、海がドーンと見えて、思わず「うあぁ!海だぁ!」と叫んでしまいました。

単純な私は、それだけでテンションがブチ上がり、ずーーーッと海を眺めていました。

目的地のバンガローに着き、水着に着替え、みんなで砂浜に向かい、私は30年ぶりに海に入りました。

 

泳いだり、仲間とボールで遊んだり、浮き輪につかまってプカプカ波に揺られたりして、子供の様にはしゃいでしまいました。

やっぱり海は楽しいなぁと思いながら、バンガローに戻って、次はBBQの準備。

私の役割は、炭起こし(火おこし)のため、炭を上手く組み立て、着火剤に火を付け、火を起こすのだけれど、この単純な作業が意外と難しい!!

初めての作業のため、試行錯誤しながら火を起こそうとしても、なかなかうまく炭に火が行き渡らず、あたふたしていると仲間が横からさりげなくフォローしてくれて、なんとか火を起こすことが出来た。

ちょっと一安心( ´Д`)y━・~~

そして仲間に感謝!!!

肉とかぼちゃと玉ねぎをお腹いっぱいに食べ、「あーー美味い!!!」

なんでこういうところで食べるご飯は、こんなに美味いんでしょうね。

しかも、今回は自分で起こした日で食べただけあって、格別に感じました。

そして、夜7時ごろ、みんなが輪になってキャンプファイヤーをして、1人づつ楽しい思い出を語り合っていました。

真ん中で燃えている火は、なにか幻想的でそこから聴こえてくるパチパチという音が、またキャンプファイヤーの醍醐味で、そんな空間がいい感じで自分の脳に刺激を与えてくれました。

キャンプファイヤーも無事終わり、また砂浜に行き、海に入る人もいれば、花火をする人もいて、私はずっと花火をしていました。

BBQ、キャンプファイヤー、花火は夏の風物詩の鉄板じゃん!と思いつつ、でもやっぱりこの鉄板がいいんだよなぁ!と感じながら、帰りがけにふと夜空を見上げました。

すると、空には星がいっぱいいっぱいあって、本当にいっぱいあって「えっ!!愛知県にもこんなに満点の星空が見える所があるの?」と疑うくらい、星がいっぱいありました。

10秒ぐらい星空を見上げてると、私の目にはが溢れていました。

ヤバイヤバイと思い、みんなにバレないように涙を拭き、バンガローに向かい寝床につきました。

あの涙はなんだったんだろう。

自分が依存症になってしまったことに対する涙なんだろうか。

ただ単に星が綺麗で感動しただけなんだろうか。

それとも妻に会えない寂しさからくる涙なんだろうか。

今、考えても分かりません。

でも分からなくてもいいんです。

ひろ

二日目に続く


海だぁーーーと叫んでしまいました!合宿1日目 への2件のコメント

  1. オガワ

    100万いいね

    合宿は最高の思い出ですよね、ヒロさんの体験が伝わってきました。 

    辛い時やモヤっとした時にブログを除いてしまうのですが、毎回元気もらっています。ありがとうございます。

    写真がおもしろすぎて、
    キャンプファイヤーゴッドファーザーズ、
    ミツさんの花火、ヤスの半ケツ。
    感謝。

                 クリーン5年 オガワ

    返信

  2. 藤原 元子

    本当に心から楽しい時間皆さんと共々助け合い過ごして良い1日ですね。私も楽しい時間分けて頂きました有難うございました。

    返信

藤原 元子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL