岡崎医療刑務所📖薬物離脱教育

今回は岡崎医療刑務所に行きました。

コンクリートの建物は閉じ込められて

がんじがらめになって

が高くて

受刑者がかわいそうと思って

が出てきました。

泣きながら思ったのは

食べ物も教えもゆとりも自由も

何もない状態でノイローゼみたいな顔をしていました。

そして教師が三名、受刑者が三名の中で

ミーティングプログラムが始まりました。

本当に訳が分からないようでした。

どのようにやめていけばいいのか

一からよくわかっていない様だったのです。

教えていました教師が真剣な顔してです。

受刑者は質問していました。

わからない

教えてください

そして一時間のプログラムが終わりましたが

あとが大変です。

壁に囲まれて、受刑生活が始まります。

これでは元もこうもありません。

頑張ってねしかありません。

もうこりごりな気分に見舞われました。

もう嫌な気分です。

頑張ってねしかありません。

性格人格誤魔化さず直し続けて行きたいと思います。

シバタ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL