初ラジオ「しんすけ」

ダルクがラジオを始めたのはもう「半年」くらい前から知ってました。

でも「聞く気」にもならないし「この俺を差しおいて・・・」

というのが「本音」でした。

だから「いかがかな?」と

「カツ」に声をかけられた時は二つ返事でした。(笑)

それ位「ダルク」に対しての「依存」?すらも「僕」にあった。

「思い通りになる」・・そんな場所・・・。

「思い通りにさせてくれるんです・・・」

ミーテイングとはなんぞや・・・。

なんていう「anonymity」を無視したお題で5人での対談。

懐かしい顔ぶれでした。

僕の記憶にたくさんあるように、みんなの記憶にも僕がいるんでしょう。

ただ、徹底的に正直に・・・なれる場所・・・。

「仲間」に逢える場所・・・・。

僕、アホだから12step とか「無理」・・・ともあきらめてた。

でも体は12step という道具をつかいながら生きてるんです。

「降参」して「ミーテイング」に足を運んでた・・・・・。

「しんすけ」・・・おまえ、今日ミーテイングは?        

といつ聞かれても「今日は行かない」とかいう「選択」はないな・・・。

収録が始まった時「緊張」しだした。

「いい話」しなきゃ・・なんていう「過信」と「おごり」・・・「自我」・・・「エゴ」の顔。

目をつむり少し祈ります。

自分がどこから来たのか?

それを忘れないためにも

「過去」どうで「今」どうか・・・

一日きちんと「声」にだす事が大切なんじゃないの?

それだけだろ・・・。「自分が何者か?」

ほらっ・・

ここに居れば大概はしょうも無い事ばかりに過剰に反応する事がほとんどじゃないっすか?

「嫌われてないか?」     

「どう思われてんだろ?」なんてね・・・。

「使っていた時みたいなのは嫌なんだよね」

「バレやしないか・・」なんて

「うしろめたさ」が「生きづらさ・・」なんです。

だから「かげぐち」言わないんです(笑)

クリーンだからこそ「直面」していく。

問題って全て「自分」の問題。

「自分と向き合えば自分が知れた。」

自分を知る時間でした。

人に言われるより「自分」での「気づき」だから

「言いっぱなし、聞きっぱなし」なんでしょうね。

このような時間をつくって頂きありがとうございました。

これからも日々の成長の糧として「名古屋ダルク」で受取りました

「命のバトン」を手渡せるように

「今日一日」を懸命に生きさせていただきます。     

丹羽 しんすけ

今回の収録内容はこちらのリンクからお聴きいただけます📻⬇️⬇️
good morning addict 『重度薬物依存症のうそつきです‼️』

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL