『今までの私』

こんにちは依存症の『クチナシ』です。

昔から親にはよく『嘘』をついてました。親に何かを伝えるのが下手だったような気がします。

親に何か意見すれば否定されるものと思い込んでいました。

小学校の時は友達が多かったと自分では思います。

高校生位から苦手になったような気がします。

しかし部活に入っていたのでなんとか友人はいました。

大学生になると自分から声をかけるという事が出来ず、友人が作れませんでした。

だんだん人間関係や通学もめんどくさくなっていった。今思えば逃げていただけなんですが…

友人もいなかったので、よく講義をさぼって一人でプラプラしていましたね。

その事はもちろん親には言えませんでした!

自分は元々不正直でしたが、ますます不正直になっていきました。

しかし最初は良かった『嘘』もどんどん自分を追い込んでいき、罪悪感と後悔が付きまとう毎日…

そんな自分を慰めてくれたのが「薬物」でした。

初めての薬物は大麻だったのですが、そこまでハマる事はなかったですね。

しばらくして2回目の留年で休学する事になり、そこで精神科に行きました。

そから自分の本命の薬物「処方薬」に依存していきました。

あっというまにコントロールが効かなくなり、過剰摂取を繰り返しその事を親に隠す…

結局また罪悪感と後悔の日々…

自分なりに薬を止めようと頑張りましたが、無理でした。

結局親にバレて、名古屋ダルクに連れてこられてようやく止まりました。なんとか6年クリーンが続いています。

しかし自分の不正直さは中々根深いですね。

最近も仕事1ヶ月くらい休んでいた事を誰にも言えず苦しんでいました。まだまだ本当の回復にはほど遠いです。

しかし今の職場はそんな自分をまた受け入れてくれました。ダルクも同じです。

自分はホント恵まれていますね。

これかも感謝を忘れず頑張って行こうと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL