『ステージ4に上がって』

こんにちは~ ヒロです(‘ω’)ノ

 

今回、6月28日に段階申請がありました。

 

段階申請にあたっての意気込みとしては、昨年の7月にステージ3に上がってもうすぐ1年…

正直課題をするにあたり怠慢になっていました。

仲間が課題(ステップ4)を進めていくのを見て自分もやらなきゃという気持ちになり、ステップ4をしっかりやりだしたのを切っ掛けにどんどん先へ先へ進めたいという気持ちが出てきたこと。

 

ステップ5をやってもらって自分の欠点を知ったことで、ステップ6・7をやっていたのですが前記にもあるように、先へ先へという気持ちが強くなり始めたころ、スタッフからもう1度ステップ6・7をはじめからやり直す事を提案されました。まだまだ自分は、6・7が出来ていないなと気づき、1か月間段階申請を見送りました。

 

その中で仲間に『毎日ミーティングで話したほうがいいよ』と言われ何か月かミーティングで毎日話すようにしました。

 

その中で、ステップ5をやってくれた仲間と気づいたことをシェアしてもらったり、今後欠点を手放すためにどうするかということを相談し行動をしていきました。

 

例えば、自分は恐れが強いという欠点があるのですが、恐れを手放すために『待つ』とか『伝える』とかいろいろ試しました。

 

もちろん良かったことや失敗したこともあります。失敗だと思ったら辞めて新しいことをしたりしました。

 

結果すべての欠点を手放すのは無理でした。

良い意味であきらめがついたというか、これからずっと自分の問題とは向き合っていかなくてはならない事に気づき、立ち止まっていてはダメだと思い申請しました。

 

当日段階申請するにあたり仲間達から質問があったのですが、その質問が難しい内容のものもありかなり焦りました(-_-;)

 

でも、仲間と揉めたり、いろいろな経験をさせてもらい、シェアしたりしていたおかげで困ることはありませんでした。

 

あっ!ひとつ困りました…

『覚悟はありますか?』という質問には正直困りました。

正直覚悟はありません…

素直にありのままに答える事ができたのはよかったと思います。

 

まだまだスタート付近に来ただけなので本当に大変なのはこれからだと思いますが、

質問してくれた仲間

揉めて気づきや経験を与えてくれた仲間

相談に乗ってくれた仲間

関わってくれた仲間

全員に感謝です(๑・̑◡・̑๑) ありがとう。

 

僕が段階申請をしたもう一つのきっかけなんですが、ダルクに繋がる前から職訓に行きたいと考えていました。

スタッフに相談した結果

『ここにいる間で少しでも自分の為に時間を使うのは良い事だと思うよ』って言ってもらい背中を押してくれました。

受けたい職訓を探しているのですが、全てが初めての事なので大変です。

ですがハローワークの方や役所の方も相談に乗ってくれていますし、仲間も助けてくれます。

自分の頭だけじゃなく、沢山の人達の力を借りて自分の為になる事をしていきたいです!

 

それと最近母親からダルクに連絡がありました。固定電話を止めるというだけの内容でしたが、今後の為に携帯電話の番号をスタッフに伝えていた様です…

たくさん傷つけてきましたし、許してもらえたとは思っていませんが、少しは認めてもらえた様な気がして本当に嬉しかったし、母親が自分の事を考えてくれているんだなと思え、自然と感謝の気持ちが湧いてきました。

これから埋め合わせもしていきたいし、自分のタイミングではなく神様のタイミング…

その時が来るまでしっかり準備していかなきゃと思えた瞬間でした。

落ち着くまでは大変だと思いますが、不安でいっぱいいっぱいにならない様、バランスを取りながらやっていきます♪( ´θ`)ノ

 


『ステージ4に上がって』 への1件のコメント

  1. おっシロ

    おめでとう!
    携帯、買ったら番号教えてねb
    髪の毛きった?って聞いた時にただの寝ぐせだって言ってた時はすなおに驚きました。
    いやーイケメンだなー。
    将棋で今日はヒロに40手位で負けました。石田流三間飛車つよすぎw(最強の攻めと言われている)
    桂馬が使えないのが痛かったです。右に王様を囲う暇がなかったですね。本当に魔法のように負けました。
    良い勉強になりました。また将棋指してください。未だに対策が良く分かりません。バランスを取るのが高難易度です。
    女流棋士の香川さんの得意の戦法らしいですyoutubeでも活動中。(アニオタで可愛い)
    高性能のパソコン(まだ分割払い中)の助けがいる時は言ってね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL