『名古屋ダルクに繋がって』

こんにちは依存症の『ジュン』です。

名古屋ダルクに通所という形で繋がる様になって1ヶ月半…

あっという間でした。

最初にダルクの説明を聞きに行った時はドキドキでした。

入り口の所で3人位タバコを吸っている人がいて…こわ〜って思いながら中に入るとさらに沢山の人達がいて、なるべく目を合わさない様にと思ってたら笑顔が素敵なスタッフの方に対応してもらったので助かりましたw

最初の感謝です❗️

当時は裁判でプラス材料になるのならと思い通所という形で繋がったのですが、通い始めたらこわ〜って思ってた人達はすごく親切で優しい人ばかりでした。

でも❗️

話をよくする様になったら結果やっぱりやべ〜人ばっかりでしたw

『俺全然マシな方だ』っていうのが正直な感想です。

ダルクでは仲間とのイベント事が多かったのが印象的です。

今までは覚醒剤を使用して孤独になってしまった自分には楽しさと戸惑いがありましたが、今は楽しかったと胸を張っていえます。

モロコロパーク、山登り、炊き出しや草刈りのボランティア活動、仲間との銭湯、運動プログラム、しんどかったけど全部印象深いですね。

ミーティングは今でも苦手です。喋りたいけど、喋れない部分が沢山ありました。

仲間との接し方がわからない部分もありました。

もっと自分のことを表現する事を勉強したかったなぁ

まだまだ色々と思う事はあるけど、これでやめておきます。

覚醒剤以外でこんなに夢中になった日々は本当久しぶりでした。

1ヶ月半と短かったけど貴重な経験でした❗️

きっとこのブログが公開されている頃は自分は収監されていると思いますが、これからの自分の人生にとって必要な期間だったと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL