『はじめまして💝』

依存症の『ケイ』です。

自分はアルコールの問題で名古屋ダルクにつながりました。

以前は薬の問題も抱えていました。

ダルクでは、色々なプログラムがあり、自分の依存症の問題と向き合うことができます。

ここに来るまでは、夜中じゅうお酒を飲んでしまい、日中に寝てしまうという不健康な生活を送っていましたが、

朝きちんと起きて施設にきて、仲間とミーティングや座学のプログラムで学び合い歩いたり走ったり、みんなでスポーツをします。

先日は、5キロも走れるようになっていて、子どもの頃から運動が苦手だったので驚きました。

自分は人が怖くひきこもりのタイプです。人を怒らせたり、もめて嫌われるのが恐くて人と関わることを避けてきました。

なので施設につながった頃は、沢山の仲間の中でどうしていいか分からず、とても恐かったです。

でも少しずつ話してみると、みんな優しいところがあり、温かい言葉をかけてくれることが分かりました。

先ゆく仲間が、「ここのみんなは優しいよ」と声をかけてくれたのが、今はよく分かります。

プログラムの中で今でも難しいなと感じるのが、ミーティングで自分の体験を話すことです。

先ゆく仲間が、「ミーティングではその体験をしたときにどういう気持ちになったか、感情を話すといいよ」と教えてくれました。

それでいつも出来事と、その時どう感じていたか話そうとするのですが、言葉が出てこなくて困ってしまいます。

ダルクに来てから、自分は自分の感情が分からないことに初めて気がつきました。

それでも、仲間の正直話を聞きつづけていたら、その気持ち分かるな!っと思うことも多くあり、ああ自分もそう感じていたのかもと思うようになりました。

今は仲間の話を聞くのが楽しみです!

人と向き合うことは今でも怖いですが、自分もいつか仲間たちのように、もめたり色々あっても、相談したり話し合ったりして、逃げずに問題と向き合えるようになりたいです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL