『愛情』

2月20日に埋め合わせの機会を与えてもらいました。

相手は息子(二男)です。

名古屋ダルクに辿りつくまでの一番苦しかった時期

言い換えると一番迷惑をかけていた時期に一緒に暮らしていた家族です。

私は、自分の考えばかりで身勝手な行動をしていた事

弱い自分を出せず不正直だった事

そして大切な家庭を壊してしまった事を丁寧に謝りました。

そして4年余り連絡を断っていた私に「お墓参りに行う」と声をかけてくれた事に感謝

素直に『ありがとう』と伝えることができました。

笑って食事をし、お参りをして、静かな喫茶店にはいりました。

息子は、母親の苦しみに気付けず逆に責め立てる様な態度であった事を謝り、ずっと『愛情』を感じていたと伝えてくれました。

親子間で少し照れくさい感覚はありましたが、キチンと話すことができたのは本当によかったです。

ただ私のしてきた愚行は、彼の人生にも影を落としてきました。

再び受け入れてくれた事に深く感謝し より良い関係を続けていく為にも 一日一日大切に回復を続けていきます。

神様 ありがとうございます。

(ミチコ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL