『アディクションへの手紙 〜お金〜』

前略

少し遅いですが、あけましておめでとうございます。

年末年始はどの様に過ごされましたか?

私の主観で申し訳ありませんが、例年大変お忙しく働かれている様子をTV等で拝見しておりますが、

今年はコロナの影響で貴方様も少しはゆっくり出来たのではないのでしょうか?

さて本題ですが、今日は日頃大変お世話なっている貴方様に私の思いを伝えたくペンを取らせて頂きました。

まずは『感謝』です。貴方様無くして現在のこの世の中は成り立ちません。

そして、私が生まれ40年の年月を生きてこれたのも貴方様の存在はとても大きいもでした。

本当にありがとうございます。今後も何卒宜しくお願い申し上げます。

しかしなんですね…

日頃大変お世話になっておいてこんな事を申し上げるのも失礼なのかもしれませんが、ちょっと魅力的すぎませんか?

私は貴方様に魅力がありすぎて、貴方様を得る為に色々と労力と時間を使ってきました。

当然の事ですし、当たり前の事です。

窃盗、裏切り、詐欺、なんでもやりました。

心が痛み

罪悪感と後悔…

そんな自分の感情を押し消す様に薬物を使い続ける…

本当に狂っていましたね。

今でもあの時の自分に戻りそうになります。

だからこそなんですが、今貴方様との健全な関係を築く為に努力をしている最中です。

最初に書きましたが、『感謝』が私には足りないんです。

貴方様を必要としているくせに、貴方様に『感謝』していない自分がいる。

自分の事しか考えてない証拠です。まだまだですね…

私は今薬物依存症の治療中です。貴方様との関係性、使い方、考え方の改善なくして私の回復はありません。

待っていてくださいね❗️

いつか必ず貴方様の魅力に負けない位魅力的な人間になって共に幸せになりましょう❗️

きっと貴方様も自分の使われ方に涙を流している事もあるでしょうから…

 

(無名のアディクト)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL