『クリーン1年を迎えて』

12月19日に名古屋ダルクに繋がって1年を迎えること事が出来ました。

覚醒剤を使い始めてから1年間使わなかったことなんて、刑務所以外ありえませんでした。

一人では無理なことでも仲間の中にいることで出来る事があります。

使わない選択をとることが出来たのもその1つだと思います。

ダルクに繋がって最初の頃は周りの仲間に『苦しい事いっぱいあるよ」

とか、そういう話を聞いても正直何が苦しいのか全くわかりませんでした。

刑務所から繋がって自由が増えて仲間と外食に出掛けたり、買い物に行ったり

合宿でアスレチックをやったり、月の1度のカラオケだったり楽しみも沢山あり、

毎日楽しく過ごしていました。

たまにはちょっと揉めたりしたことはありましたが苦には感じていませんでした。

ですが、1年が近づくにつれてどんどん苦しい事が増えてきました…

今年の目標は”自分を知る”という目標を立てたのですが、

自分を知るという作業がそもそも自分にとっては苦しい事でした。

プログラムをするにつれ、ほんの少しづづですが自分を知っていって嫌な気持ちになりました。

ここ1、2ヶ月で2人の仲間とモメました。

1人の仲間とは問題を解決できずに5日間苦しみ、初めて心から祈るという事をして

その後仲間に相談しました。

意見を参考にしてモメた仲間と話し合い、解決できたつもりでしたが、

それからしばらくして同じ仲間とまたモメました。

モメたというより相手があつくなったのですが、1回目話し合った時に相手の事をちゃんと受け入れてなくて、自分の事ばかりなっていたのかも知れません。

その時はすぐにその仲間と話をして、相手の話しも聞く事ができやっと解決できました。

同じ土俵に立たなかったのも前回より良かったと思います。

今回12月25日にバースディミーティングをしたのですが、その1週間前に司会をお願いしていた仲間とモメてしまいました。

同じホームグループの仲間で、その時NAもホームグループも信用出来なくなり辞めたいと思いました。ダルクも出ていこうとも真剣に悩みました。

過去の自分なら間違いなくそのまま出ていっていましたが、グループからお金を預かっていたのと、スモールブラザーがいた事あったし、施設長に話ししてからじゃなければダメだなと思い相談に行きました。

すると凄く楽になりました。おかげで薬を使う事なく問題に向き合う決心をする事が出来ました。

バースデー当日はその仲間から声をかけてくれました。

最初はお互い気まずい感じでしたがバースデーが終わってからお互いしっかり話すことが出来て解決する事ができました。

最近は本当に色々な事がありましたが、自分の欠点を知る事ができたり、自分の無力さを知る事ができたり、仲間に相談したり、逃げる選択をしなかったり。

自分の成長につながる濃い『1年目』のバースデーを迎える事ができて本当によかったです。

おそらく、一生忘れることはないでしょう。

皆さん 本当にありがとうございます。感謝しています。

(ヒロ)

 


『クリーン1年を迎えて』 への2件のコメント

  1. Nana

    クリーン1年、おめでとうございます!
    “自分を知る”という作業、きっと苦しいですよね。
    自分はまだなので、いつか取り組むと思うとこわいです。
    きちんと問題に向き合って、逃げずに解決をしてすごいです。
    ヒロくんはじめ、仲間の姿にいつも勇気づけられます。
    これからの1年も、ヒロくんにとって良い一年になりますように!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL